硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと

硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと

「硬水を飲むと結石になる」という噂を聞いたことはないだろうか?

結論から言おう。近年の調査では、硬水が結石の原因になることはない。反対に硬水に含まれているミネラル分を適度に摂取することが、結石の予防になるともされている。

結石の心配をせず、安心して硬水と付き合うために知るべき3つの事をまとめた。硬水を飲み始める前に不安を解消して、あなたに合った水選びをしてほしい。

1.硬水と結石が関係無い理由

硬水を飲んでも、結石の原因にならない理由を紹介する。

1.1カルシウム結石が原因

まずは硬水=結石と認知された原因を知っておきたい。

水の硬度は「カルシウム」と「マグネシウム」(ミネラル)の含有量で決まり、これらの量の多さと比例して、硬度も高くなる。注目して欲しいのがカルシウムだ、そして多くの結石はカルシウムを含む、「カルシウム結石」と呼ばれる。

言葉が似ていることから、硬水に含まれるカルシウムを摂取することが、結石を作る原因になると考えられてしまった1つの理由だ。確かにカルシウムを取れば、体内にカルシウムがたまり、それが結石になるとは一般的的には考えやすい。

ただし常識の範囲を越えた、大量のカルシウムの摂取は結石の原因になる可能性はある。
いくらカルシウムを摂取しても結石にならないというわけでは無いので注意が必要。
何事も適量の摂取を!

1.2カルシウムが結石を予防する (シュウ酸カルシウム結石の場合)

硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと-硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと-カカルシウムが結石を予防する

動物性のタンパク質などの「シュウ酸」が含まれる食べ物を摂取すると、シュウ酸が体内に増加する。この食事由来のシュウ酸が、結石の約70%ものリスクファクターとされている。

シュウ酸は腸の中でカルシウムと結合しやすい性質があり、カルシウムと一緒に便と共に排出される。このプロセスでカルシウムと共に排出されないシュウ酸が多いと、体の中に蓄積し結石のリスクが大幅に高まるとされている。

つまり適度なカルシウム摂取を行い、シュウ酸を尿や便と排出することが、1つの予防策になるのだ。

Inadequate intakes of calcium have been associated with increased risks of osteoporosis, nephrolithiasis (kidney stones), colorectal cancer, hypertension and stroke, coronary artery disease, insulin resistance and obesity(原文)
カルシウムの不十分な摂取は、骨粗鬆症、腎結石(腎結石)、結腸直腸癌、高血圧及び脳卒中、冠状動脈疾患、インスリン抵抗性および肥満が挙げられる。
-WHO

参考文献:hardness in drinking water
参考文献:マインズガイドラインセンター
参考文献:結石はどうしてできるの?

 

2.結石になる本当の原因

硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと-硬水を飲み続けて良いのか?-結石になる本当の原因

硬水が結石の直接的な原因で無いことは分かった。では本当の原因は何なのだろうか?

下記が主な原因とされている。(シュウ酸カルシウム結石の場合)

  • カルシウム不足
  • シュウ酸を多く含む食材の摂取
  • 不規則な生活習慣/食生活
  • カルシウム・パラドックス
  • 水分不足
  • プリン体の取りすぎ

主な原因を見てもらえれば分かるが、バランスの良い食事や生活が、いかなに大切か伺える。

この中でも 特に不足がちなのが「水分補給」だ。人は1日に2.5リットルの水が必要とされており、そのうち食事や体内で生成される水分量は1.3リットルなので、1.2リットルは飲水で補給する必要があるのだ。

推奨量を飲むには、あなたが今飲んでいる量から、追加で約コップ2杯を飲む習慣作りが効果的とされてる。プラス2杯に硬水を取り入れれば、水分不足もカルシウム不足も概ね解消できるので一石二鳥だ。

ソフトドリンクなど砂糖や塩分などの濃度が高い飲み物は吸収までの時間が長くなるので、注意が必要。
アルコールや大量のカフェインを含む飲料も、利尿作用があるため水分補給には適さない。

参考文献:おおあみ泌尿器科
参考文献:厚生労働省「健康のために水を飲もう」

 

3.硬水を飲み続けて良いのか?

硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと-硬水を飲み続けて良いのか?

3.1結石が現在ある人

結石が出来てしまうのには必ず原因があり、体質や生活習慣によって様々だ。

基本的に硬水を適量飲んだことで結石になることは無いが、常識を越えた過度なカルシウム摂取は結石の原因になる可能性もある。まず医師に相談をし、結石の原因を知った上で硬水を飲むべきかの決定を!

ただし、水道水を含めた軟水にも一定量のミネラルが含有していることを忘れないでほしい。

つまり水を飲んでいれば必ず少量のミネラルは摂取することになるのだ。そう考えると、そこまで神経質になる必要はないのかもしれない。

カルシウム不足の結石の場合は、予防や再発防止のためにも、硬水を飲んでカルシウムを摂取するのはおすすめだ。

症状により完全にミネラルを除去したい場合は、濾過された「ピュアウォーター」を選ぶといいだろう。宅配水の一部や、身近なところでは赤ちゃん用の水として販売されているものがそうだ。

3.2硬水で結石ができると思っていた人

硬水を飲むと結石になると聞いていて心配だった人は、安心して硬水を飲んでほしい。

前記の通り、適度なカルシウム摂取は結石の予防になるとされてる。バランスのいい食事と、硬水から適切にミネラルを摂取することは効果的といえるだろう。

また、厚生労働省の調査では日本人は、必要なカルシウム摂取量が足りていない。

男性平均値 約540.4/日
推奨量 約650〜800mg/日
女性平均値 約522.3
推奨量  約650mg/日

※20歳以上のデーター

この調査を見る限り男女ともにカルシウム不足とい言えるだろう。

推奨量にすら足りていないので、硬水を飲んでカルシウム過多の心配をする必要はほとんど無いと言っていい。日本人はカルシウム不足ということを前提に、食事や硬水から積極的なカルシウム摂取を心がけたい。

参考文献:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)」
参考文献:厚生労働省「栄養素等摂取量の分布」

 

まとめ

硬水は結石の直接的原因ではないことを分かっていただけただろうか?

原因になるどころか、硬水に含まれるカルシウムが、結石の大きなリスクファクターであるシュウ酸と結合して体外に排出され、結石の予防になるとされている。

日本人は全体的にカルシウム不足ということも分かっているので、硬水を積極的に飲むことはカルシウム補給にも、結石予防にももってこいだ。

硬水と結石の本当の関係性を知れば、「不安だった」人も安心して硬水を選べるはずだ。もしあなたが硬水を飲むことを考えていたら、安心して硬水を選んで欲しい。この記事が、あなたにピッタリの水選びの参考に慣れば嬉しい。

ps
オススメのカルシウム補給方法はありますか?
お気軽にコメント欄に書き込んでください^^

One thought on “硬水は結石の原因?安心して飲むために知りたい3つのこと

  1. Pingback: 「硬水は体に悪い」はウソ!その4つの理由とは? - 温泉水なら-二千万年水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です